top›日報・週報の活用法

日報・週報の活用法

<広告>

<広告>

MRの仕事で面倒なのは日報・週報の記載です。その日や週にあった特記す べき内容や訪問した先の報告をそこに書くわけですが、これがなければいいの にと思っている人も多いことでしょう。しかし、これらには非常に面 白い活用法があります。

上司や会社の本社はこれらの日報と週報を読むことにより、その人を判断し ます。その人は仕事ができるのかどうか、今週どのような行動を取ったのか、 報告書を見れば一目瞭然なのです。

日報・週報を100%正確に真面目に書いている人などいないと上司は分かって います。何しろ自分達も過去は同じだったわけですから。でもその中にここ は会社の利益になるポイントとか、今の仕事に非常に影響のある事柄だけ を報告書に求めています。

書き方がパターン化している人、書いてある内容に特徴がない場合はその人 は何もしていないと判断されるのです。また、どちらかというとコール数とか、 何人に会ったとかをチェックしているイメージを持っている人は、その上司に うまく使われているか、その上司の能力が低いかのどちらかです。では、どの ようなレポートを書けば良いのでしょうか。

日報や週報は上司のレポートのための題材や会社経営陣へのアプローチ (アピール)と思って書くのが妥当です。 上司が営業所長会議で発表ができるような内容、売上の増えた先、減った先 の分析とそのレポート、減った先への対策と増えた先のベストプラクティスの 報告、会社経営陣向けの内容 などは自分のナレッジのマネジメントであり、これらを継続して実行して いくことにより、自分のビジネスセンスと企画力は気がつかないうちについて いるというわけです。

いつもレポートを嫌々書いている人と、とにかく読む相手を喜ばせて、なお かつ自分のスキルアップを図るレポートを書く人間と1年後にどれだけの差が できるのは歴然です。1年後、周りのあなたを見る目が変 わっていることに気がつくことでしょう。

<広告>

MR(医薬情報担当者)営業コラム
上司同行の営業テクニック 日報・週報の活用法 師匠をつくる ほめてくれる得意先と上司を作ろう
ハローエフェクトを利用しよう こんな時には辞めてはいけない 自己アピールの方法を考えてみよう ドクターと一対一になれる時間をつくる
初対面の挨拶が大切 名刺の活用法 文献の活用法 MRを普段見かけないときに訪問する
ドクターが付き合いたいMRになる 悩みを共有できるMRになる 企画・提案をする 断ることも大切
病院の発信する情報に耳を傾ける MRメルマガ活用法 MRメルマガ発行術 ドクターに読んでもらえるメルマガ術
MRのネット戦略 MRはブログを活用しよう MRの自己啓発 MRはセミナーを活用する
MRは名医に会うこと MRはライバルを見つけることで向上する 夢を語れるMRになろう MRは病院を観察しよう
MRは資産家の目線も持とう MRは本を読む習慣をつける 賢いMRは資料のダイジェスト版を作っている MRは病院内にドクター以外に会いたい人を見つける
MRは業界内に友人を沢山つくる MRはポケットマネーを有効に使う MRのビジネスも人を集める MRは自筆の手紙を活用する
MRのドクター面会の目的 MRはランチの時間を大切にする 病院に行くのが嫌になった時のMRの対処法 MRの喫茶店活用法
MRは体調管理に気をつける MRの営業力の重要性 MRも、まずは自分を買ってもらう MRの仕事内容
MRとは MRの仕事量 MRの1日 MRの年収
MRの求人 MRの就職 MRの接待事情 MRは激務?
MR認定試験 MRの未来 医薬品業界の規模はどのくらい? どんな製薬会社があるのか?
MRのノルマ MRの仕事に欠かせないツール パートタイムMR MRのお財布事情
MRのストレス解消法 MRの出会い MRは看護師と知り合える? MR向け転職サイトの活用
MR向け転職エージェントの活用 MRのやりがい 名医に会えること MRのやりがい ドクターの信頼が得られたとき MRのやりがい ドクターが製品を使ってくれたとき
MRはプレゼン能力が大切 MRの履歴書 MRの自己PR MRの志望動機
MRの職務経歴書 MRの転職の時期 自分の職業価値を考える 企業から求められるスキルと経験を考える
転職はとにかく積極的に進める 縁故を活用する 営業の基本はとにかく自信を持って話すこと  

<広告>

<広告>