top›MRの接待事情

MRの接待事情

<広告>

<広告>

MRのことを、休日や勤務時間後も医師を接待するために奮闘しているハードな営業職と考えている人も多いようです。

プロパーと呼ばれていた時代には、確かに接待費をかなりかけて、医師を接待していたようです。 価格交渉もあり、かなり激しい営業競争があったようですね。

しかし、1992年の流通改善によって、製薬会社と医療機関の価格交渉が廃止されました。 さらに1997年にはMRの認定資格制度もでき、営業職の強い仕事内容から、医薬品の情報提供・収集に重きを置く企業も増えてきたのです。

経費削減で接待が大分減り、さらには製薬業界で規制ができ、物品・金銭授与や接待が制限されるようになりました。 そのため、医師にボールペン1本を渡すのさえ難しくなっています。

だから、昔のように、医師のプライベートのために使い走りをさせられたりするようなことは無くなりました。 大きな病院では各自訪問規制を設けることもあり、「1日5人まで」と看護師が厳しくチェックしていることもあります。

でも、これは表向きなことで、減ったとはいっても接待の風習自体は多少残っています。 本当は禁止されているのに、開業医の先生がプライベートなことで頼み事をすることもあるようですね。

少しでも医師の信頼を得たい、取り入りたいという一心でつい頼み事を聞いてしまうこともありますが、ほどほどにしないと際限なく続いて本当に使い走りのような状態になることもあります。

特には柔軟な姿勢も必要なのかもしれませんが、やはり業界全体で接待が制限されているということを自覚して行動しましょう。

<広告>

MR(医薬情報担当者)営業コラム
上司同行の営業テクニック 日報・週報の活用法 師匠をつくる ほめてくれる得意先と上司を作ろう
ハローエフェクトを利用しよう こんな時には辞めてはいけない 自己アピールの方法を考えてみよう ドクターと一対一になれる時間をつくる
初対面の挨拶が大切 名刺の活用法 文献の活用法 MRを普段見かけないときに訪問する
ドクターが付き合いたいMRになる 悩みを共有できるMRになる 企画・提案をする 断ることも大切
病院の発信する情報に耳を傾ける MRメルマガ活用法 MRメルマガ発行術 ドクターに読んでもらえるメルマガ術
MRのネット戦略 MRはブログを活用しよう MRの自己啓発 MRはセミナーを活用する
MRは名医に会うこと MRはライバルを見つけることで向上する 夢を語れるMRになろう MRは病院を観察しよう
MRは資産家の目線も持とう MRは本を読む習慣をつける 賢いMRは資料のダイジェスト版を作っている MRは病院内にドクター以外に会いたい人を見つける
MRは業界内に友人を沢山つくる MRはポケットマネーを有効に使う MRのビジネスも人を集める MRは自筆の手紙を活用する
MRのドクター面会の目的 MRはランチの時間を大切にする 病院に行くのが嫌になった時のMRの対処法 MRの喫茶店活用法
MRは体調管理に気をつける MRの営業力の重要性 MRも、まずは自分を買ってもらう MRの仕事内容
MRとは MRの仕事量 MRの1日 MRの年収
MRの求人 MRの就職 MRの接待事情 MRは激務?
MR認定試験 MRの未来 医薬品業界の規模はどのくらい? どんな製薬会社があるのか?
MRのノルマ MRの仕事に欠かせないツール パートタイムMR MRのお財布事情
MRのストレス解消法 MRの出会い MRは看護師と知り合える? MR向け転職サイトの活用
MR向け転職エージェントの活用 MRのやりがい 名医に会えること MRのやりがい ドクターの信頼が得られたとき MRのやりがい ドクターが製品を使ってくれたとき
MRはプレゼン能力が大切 MRの履歴書 MRの自己PR MRの志望動機
MRの職務経歴書 MRの転職の時期 自分の職業価値を考える 企業から求められるスキルと経験を考える
転職はとにかく積極的に進める 縁故を活用する 営業の基本はとにかく自信を持って話すこと  

<広告>

<広告>